プログラミング

【エンジニア転職希望者必見】だいすがテックキャンプを選んだ理由

ども!だいす(@dice_motosensei)です!

どうしてだいすは数あるプログラミングスクールの中からテックキャンプ(旧テックエキスパート)を選んだの?

今日はこんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • だいすがスクール選びで検討したポイント
  • なぜテックキャンプを選んだのか

まとめ

まとめ
  1. 希望する条件にマッチするから
  2. 3社無料相談に行った中で、最も結果にコミットしてくれそうだと思ったから

では詳しく解説します。

第一選考

第一選考

ネットでプログラミングスクールの洗い出し

今や比較サイトを調べれば、どんなプログラミングスクールがあるかはすぐに分かります。
まずは、洗い出すところから始めました。
僕が調べたときに見つけ出したプログラミングスクールの一覧はコチラ。

※今調べてみたら当時は目にしなかったスクールが結構増えていました。
やはりこの業界は参入者が多いようですね。

各種条件で絞り込み

プログラミングスクールを選ぶ際の条件はこんな感じですかね。

スクールを選ぶ条件一覧

  • 費用
  • 学習期間
  • 講師へ質問可能か
  • 年齢制限があるか
  • 講義形式か自習形式か
  • 転職サポートがあるか
  • 通学型かオンライン型か
  • 学習するプログラミング言語

自分に合うところを選べばいいんですが、だいすの場合は30代というのが一番のネックになりました。
他の条件がどれほど良くても、受講条件で「20代限定」となるとそれだけでアウトですからね。
とういことで、だいすが絞り込んだ条件は以下の通り。

だいすのスクールの条件

  • 30代可
  • 通学型
  • 自習形式
  • 講師への質問可
  • 転職サポートあり
  • Web系プログラミング言語(Ruby,PHP)

なぜ通学型なのか

質問したいときに、直接メンターに質問できる環境を希望していました。
また、教室に行き、同じような志をもった人たちが集まった場所で学習することで、高いモチベーションを保つことができるだろうと考えました。
幸い、僕は都心に通える距離に住んでいたので、オンライン型よりも通学型の方がいいだろうと考えました。

なぜ自習形式なのか

いわゆる学校のような講義形式だと、

  • 分かっているのに先に進めない
  • 分からないのに先に進んでしまう

ということが起こります。
しかし、自習形式なら自分のペースで進めることができます。
その方が自分に合っていると考えました。

無料相談会に3社申込

以上をふまえ、次の3社に絞り込み無料相談を申し込みました。

ちなみに無料相談に行ったのは、退職直前の1月。
同日に東京で3社、はしごしました。

第二選考

第二選考

さて、では無料相談に行ってみての感想です。

tech boost(テックブースト)の無料相談会の感想

印象としては可もなく不可もなく。
若い女性が1名で対応。
エンジニア業界の業務形態が、「自社」「受託」「SES」の3種類あることや、それぞれに向いているプログラミング言語などを教えてくれました。
あとは、カリキュラムの説明。プログラミングの学習だけでなく、IoTやAIのような最新の技術にもふれられるのが魅力的にうつりました。
まぁ、よくある無料相談かなって感じでした。

DMM WEB CAMPの無料相談会の感想

正直印象は良くなかったです。
若い男性が1名で対応。
どんな説明を受けたのかも印象に残っていません。
たぶんカリキュラムの説明を受けたんでしょうが、なんか全然熱意が感じられませんでした。
こちらからの質問に対しても歯切れの悪い回答で、自分の大事な人生の一端を任せられそうにはありませんでした。
もちろん担当者によると思います。
別の人から説明を受ければ違う印象になってたかもしれませんね。

テックキャンプの無料相談会の感想

すごく印象が良かったです。
男性と女性の2名で対応。
カリキュラムの説明はもちろんですが、「必ず結果にコミットします」という熱意が感じられました。
具体的には、以下のような話をされました。

  • 進捗はライフコーチが管理します
  • 最低でも3日に1日は教室に来てください
  • 1週間で60時間の勉強時間は確保してください

また、30代だと転職保証はつけられないことなど、包み隠さず丁寧に説明してくれた点も好印象でした。

決め手となったのは…

決め手となったのは…

結果にコミットしてくれると感じたから。
実は、無料相談に行く前はtech boost(テックブースト)にしようかなと考えていました。
しかし、無料相談を通して考えが変わったのです。
テックキャンプは3社の中で最も費用が高いにも関わらず、です。

もちろん、プログラミング学習は本人の努力次第ではあります。
が、どんな環境で学習するかも同じくらい大事です。
その環境を選べるのであれば、なるべく学習効率がいい環境で学習したいというのは当然でしょう。
費用に見合うものを提供してもらえるだろうと考えた、だからテックキャンプに決めたのです。

\転職成功率99%/
>>テックキャンプ 無料カウンセリングへ

おわりに

ネットで情報をあさるのも大事ですが、可能な限り無料相談には申し込むことを強くオススメします。
やはり現地の環境を見て、担当者から直接話を聞き、肌で感じて分かることがたくさんあるからです。
高い費用を払って、自分の人生の一端を任せるスクールです。
慎重になりすぎるのも考え物ですが、しっかり比較検討して、納得のいくスクールを選ぶようにしてください。

ABOUT ME
だいす
9年小学校教員→教員を損切り→10週間で600時間勉強→エンジニア転職|2020年3月1日〜だいすブログ始動|アドセンス4記事合格から5日で収益3桁|【教員からの転職】×【エンジニア転職】×【教員の資産運用】を発信。